読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーター、イギリスへ行く

イギリス/大学院留学/LSE/Social Policy

イギリスでおいしい和食洋食を作ろう

帰りたい、もうやだ助けて、帰りたい。ちよわかまるで~す。

もはや語りつくされたと思われるテーマ、イギリスの食。言うほどまずくもないんですよ。たとえば、フィッシュ&チップス。カラッとあがっていておいしい。他にも、ショートブレッドとか、スコッチエッグ、パンケーキなどなど。まあ日本の寿司みたいに、これ!って決め手はあんまりないけど、ちゃんとおいしい。

ただ一点、飽きる。これは別にイギリスに限らず、日本を飛び出せばよく感じることなんですよねー。ルワンダ、イスラエル、スイス、ポーランド、どこに行っても思いました。決定的な差は、味付けの繊細さだとぼくは思っています。日本食には煮物や漬物など味の濃い物がある一方、冷奴・椎茸や松茸の丸焼き・ほうれんそうのおひたし・豚しゃぶ・オクラのおかか和え、などなど素材そのものに「いい塩梅」で味付けをして食べるっていうのがけっこうある。油も使わず、スープやだしも使わないシンプルな料理ってすごいよなあと思います。そう、今日は日本人の料理は素晴らしい!という愛国心にあふれたお話です。


ぼくにとって重要なのは、自炊でどうやって料理と食事を楽しむか。まず調味料の調達。醤油はこちらのスーパーでも時々見かける。みそ、酒、だし類(かつおやこんぶ)はあまり見かけない。日本人の主成分である米ですが、日本米(「錦」という種類が有名)は大きいスーパーだと売っているところもある。ロンドンの普通のスーパーでほぼ全滅なものとして、
大豆製品(豆腐、油揚げ、納豆)
海藻類(こんぶ、わかめ、ひじき)
粘りイモ類(里芋、とろろいも、こんにゃく)
根菜系(ごぼう、レンコン、大根)
薬味(しそ、みょうが、ごま、紅ショウガ)
豚肉の薄切り(現地スーパーではだいたいブロックかダイスか)
などなど。こういった食材が欲しければ、ピカデリーサーカスのライスワインやArigatoに直行しましょう。比較的手ごろな値段で入手可。根菜系やイモはジャパンセンターに行けば高いが入手可能。ごま油や赤唐辛子、豆板醤は中華街でも手に入る。残念ながら、しそは見つからなかった。
(ぼくは料理に砂糖とみりんはあまり使わないので不要でした。塩は日本産を買いました)

でまあ、最低調味料さえ集めておけばどうとでもなります。たとえば、鍋。
鶏肉・えのきだけ・キャベツ・ネギ・しょうがを現地スーパーで買って、ごま油で肉を炒めて野菜をぶっこんで、こんぶだし・みそ・醤油・酒で味を付ければみそ風味の鍋になる。豆腐もあるとおいしい。

親子丼はもっと簡単。卵・鶏肉・玉ねぎ・小ねぎを買って、しょうゆ・酒・だしで終了。

炊き込みご飯も簡単。ちなみに炊飯器がなくても計量カップ・大きめの鍋・IH的なものがあればご飯は簡単に炊けてしまう。一度に2合炊く場合。
①計量カップで300cc分の米をとる(米2合がだいたい300cc)
②軽く洗い(とぎたい人はとぐ)鍋に入れる
③計量カップで400ccよりちょい多い(420-425cc)くらいの水を測り鍋に
④吸水30分
⑤蓋はせず強火にかけ、ぶくぶく泡が立つまで沸騰させる(火にかけて約5分でなる)
⑥蓋をして弱火で15分
⑦蓋を開け鍋と蓋の間にふきんを張って再度蓋をして11~12分蒸らす
⑧出来上がり
炊き込みご飯の場合は吸水中に、スーパーで買った鶏肉・しいたけ・人参・しょうがを適当に切ってぶち込み、醤油・酒をだいたい1:1、こんぶだしを適量入れる。あとは白米を炊くのと同じ要領で炊けばOK。ちなみに、これと同じ要領でパエリアもできる。

日本食以外となると、やはりパスタが簡単で安全。麺はwaitroseのものがおいしいです。トマト缶・玉ねぎ・にんにく・オリーブオイルでトマトソースを作り置きして、ベーコン・なす・きのこなどとまぜればトマトパスタとなる。カルボナーラやアンチョビのペペロンチーノも簡単でお手頃。ちなみに、全粒粉(whole wheat)のパスタや5分で茹で上がるクイックパスタはまずいので気を付けてください。

マッシュルームは£1でたくさん買えるおトク食材。他のキノコも意外に安い。そこできのこリゾットなんて簡単にできる。バターを熱し、粗みじんにしたきのこを軽く炒める。だいたい火が通ったら牛乳を入れ、煮立たないよう気を付けつつ塩コショウで味付け。残りごはん投入。で、最後にチーズを好きなだけ入れる。こっちのスーパーの見どころはチーズの豊富さ。パルメザンチーズもおいしいものがあり、その他ゴーダやチェダーなども。

その他に現地スーパーで意外にお手頃な食材は、カラーピーマン、アボカド、ブロッコリーなど。どれも日本ではけっこう高いけど、こっちだとだいたい£1。
魚介類は高いのであまり挑戦したことない。スーパーでエビを買ったのと、市場で牡蠣を買ったくらい。でも、最近発見した、アヒージョなんてしゃれた食べ方はけっこうおいしい。

なんか「ちよわかまるのイギリスクッキング」みたいになってしまった。
手に入らないものはあまりないので、あとはどうやって飽きないように組み立てるかですね。主婦の味方、ちよわかまるがお届けしました。


とっても申し訳ないのですが、当ブログに書いてある内容によって生じた問題などについて、書いている人は何一つ責任を果たせません。
寛大な御心とご自身の判断力をもってお読みいただければ幸いです。