読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーター、イギリスへ行く

イギリス/大学院留学/LSE/Social Policy

IELTSの戦略-Writing

日本語の気分なので連投です。ちよわかまる@Londonです。

writingは鬼門でした。たしかスコア4~6とかをふらふらしてたように思います。
多くの人が苦戦するんじゃないかなと思います。原因と対策はいろいろあります。


まず、自主練習ができない。
問題集にも答え書いてないですからね。だからと言って、その辺のネイティブに見てもらうのはあまり意味ないと思います。IELTSの評価基準を熟知した人に見てもらうのが一番よいです。でもそんな知り合いなかなかいない・・・。
ではどうするか。そう、ズバリ、専門講座を受ける。お金はかかりますが、これが一番手っ取り早いのです。ぼくはけっこう安いのを見つけましたが、それでも35,000円でした。Writing(Task1と2)を5回分、メール添削式のものです。
ただこれは人によります。Academic Writingを日常的にやっていて慣れている、それなりに自信がある人は必要ないと思います。ぼくも自分をそう思っていたのですけど、feedbackもなく答えも示されないなか独学でやるのに限界を感じました。Academic Writingを授業などでほとんど体験したことがない人は、自力でやるのはほぼ無理orかなり時間がかかると思います。


次は、表現パターンです。
語彙に加えて、文章構成で役立つ表現(e.g. whereas, it is indispensable that, given that etc...) が大事になります。これは、実際に書いて使ったり、ネイティブの表現をまねたりしていかないとなかなか増えていきません。
ぼくがやったのは、自分の書いた出願用Personal Statementを音読するという戦法です。Personal Statementは基本的にはAcademic Writingのような論理性が求められている文章です。なので、何度も推敲していくなかで様々な表現に出会い、また実際に使うとてもいい機会です。それを音読すれば、推敲にもなるし、自然といろんな表現が頭に入ります。そしてそれはWritingだけでなくSpeakingにも使え、さらに渡航後も自分のバックグラウンドを説明する際にも役に立つはずです。Personal Statementには相当時間を割いたので、当時はほとんど暗記するレベルまでいってたかもしれません。


あとは、時間ですね。
60分でTaskを2つ。圧倒的に足りないんですよね。ぼくはゆっくり考えるタイプで、書くのも遅いです。
こればかりは自分なりのやり方を見つけるしかないです。ぼくはTask2から取りかかって、がりがり自分の意見を書いてその後Task1のつまらんグラフの説明をやってました。だいたい後回しにしたTask1の時間はなくなるので、もうグラフを目で見ながら考えずにどんどん英語に変換していく作業でしたね(笑)
ネットで調べると、ある程度のひな形(Introduction→Body→Conclusionの流れ)を準備・暗記している人もいるようです。覚えた枠組みに、実際の問題への立場や主張を埋め込んで調整するだけといった具合に。たしかに時間の節約になりそうです。


むやみやたらに記事や本を読んで英語で自分の意見を書く、というのはあまり気乗りしませんでした。たしかに続ければ力はつきそうですが楽しくないし非効率的。Academic Writingの力はすぐに上がるものではないので、IELTSで必要なスコアを取るには具体的にどうしたらよいか、という視点で割り切った方が効率的だと思います。


もし気が向いたらTask1とTask2それぞれについても書くかもしれません。ぼくもよく分からんのですが。
ちょうどいいので最近耳にした使えそうな単語を残していきます。いざ自分で使うのって難しいものです。。。


distill: to get the essential meaning or ideas from thoughts, information, experiences
The essay attempts to distill key dimensions of social democracy.

elucidate: to make something clearer by explaining it more fully
The report elucidated the main points of the new regulation.

deduce: to form an opinion about something based on the information or evidence that is available
It is possible to deduce the following from these graphs.

in the light of: after considering something
The government adopted the new redistribution system in the light of the advancement of the aging society.

seminal: very important and having a strong influence on later developments
This seminal idea influenced the growth of neo-liberalism in the late 1970s.


とっても申し訳ないのですが、当ブログに書いてある内容によって生じた問題などについて、書いている人は何一つ責任を果たせません。
寛大な御心とご自身の判断力をもってお読みいただければ幸いです。